出来事(ニュース・時事)おまとめ

2018/4/12 2018年(平成30年)1月〜3月分を更新しました

はじめに

1年365日、時間にして8760時間、世界中で起こる様々な出来事(時事・ニュース)。
残虐な事件、痛ましい事故、自然災害、政治問題、芸能・スポーツ...その量は、膨大です。当ブログでは、2011年より適当に集めたニュースをまとめています。


コンセプトは、「うちはうち、よそはよそ」です。


すでに似たようなサイトが数多く存在し、どれも素晴らしいものばかり。
後発の私は、それらを真似るのではなく、ただただ適当に集めて載せていくスタイルで頑張ります。


日本・世界の出来事 各年・各月一覧

(2013年より)3か月分を1セットにして掲載しています。
上半期・下半期と分けていますが、2012年の名残が残ってしまっただけで、まったく意味はありません。消したい・・・


ジャンル(分類)分けもしています。
基本は、「国内」「海外」「事故」「事件」「災害」「経済」「政治」「科学」「芸能(エンタメ)」「スポ(スポーツ)」「結婚」「訃報」「珍事」「宣伝」の14ジャンル。その他、内容によって増えることもあります。また、より詳しく伝えるために"続報"や"注釈"をプラス!したりしなかったり、ラジバンダリ。


たとえば、「報道(発覚)した日」と「実際に起きた日」がズレている事があります。
このような場合、日付が近ければ後者、遠ければ前者の日付で記載しています。とは言いつつも気まぐれな部分もあるので、参考程度にしてください。


それでは、以下よりお楽しみください。


西暦(年号) 上半期 下半期
2018年(平成30年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2017年(平成29年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2016年(平成28年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2015年(平成27年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2014年(平成26年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2013年(平成25年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2012年(平成24年) 1月〜6月 7月〜12月
2011年(平成23年) 1月〜12月

※免責事項※

母方の生まれ故郷「日振島」とデラ台風慰霊碑を訪ねる Part 2

カテゴリ:日振島とデラ台風 | comments(0) | trackbacks(0) | 2011.10.08 Saturday 21:10 |
[admin]
日振島へと初めて足を踏み入れた私は、喜路に唯一ある「民宿 日振島」さんにお世話になることになりました。この「民宿 日振島」さんは、約16年ほど前からご夫婦で営まれています。奥さんは島の方ですが、旦那さんは大阪?出身らしく、島に来たときに定年後はここに住もうと思ったそうです。

日振島の喜路から能登、そして最大の目的地である「沖の島」への長い一日が始まります。

民宿日振島 喜路
スポンサーリンク

日振島 喜路 朝

民宿の部屋から日振島の日の出・・・なんですが、こんな感じで勘弁してください(;・∀・)


日振島 喜路  風景


9月27日午前9時過ぎ、喜路を出発。
写真でも分かるようにめっちゃ天気が良かったです。青い屋根の倉庫の上に見える白い所が道路になっていて、そこをエッサ!ホイサ!と登っていきます。祖母と母が住んでいた約50年前は舗装された道はありませんでした。


日振島 喜路漁港 パノラマ


養殖のイケスがたくさん並ぶ喜路漁港をパノラマで撮影。この時点でまだ30分ほどしか歩いてません・・・



日振島 喜路と明海の間




さらに30分、次の集落の明海(あこ)近くまで歩いてきました。
真ん中の写真、この島と島が切れて向こう側が見えている部分には、昔は木製の橋が架かっていました。祖母によると、ある台風が日振島を襲った時、この橋を通っていた日振島小学校の子供たちが橋ごと流されたことがあったそうです。ほとんどの子供たちは助けられましたが、ある一人の女の子だけは見つからず。その後、網に引っ掛かっている所を発見されました。その子の母親は、毎日のようにここに通い、わが子を探していたそうです。

台風の度に流されていた橋は、現在は写真のようにコンクリート製の丈夫なつくりになっています。


宇和島市立日振島小学校



これが島の小学生たちが通う「宇和島市立日振島小学校」です。
まだまだ新しい校舎ですね。その昔、同じ敷地内に日振島中学校がありましたが、現在島には中学校はありません。真ん中、小学校入口に置かれている石碑。これは良いのか悪いのか、ちょっと悩むw 下の写真、小学校前の海の景色です。こんな景色が見られるなんて羨ましい・・・



日振島 明海漁港


喜路を出発して約1時間半、明海漁港に着きました。
島のほぼ真ん中にあるので、郵便局や保育所など重要な物はこちらに集まっているみたいです。この先はあまり整備されていない山道へと入っていきます。

撮影しつつ歩いていると、若い島民の方に「ここから能登まで歩くのかい?イノシシが出るから誰も歩きたがらないよ」と忠告されました。どうやら日振島ではイノシシが増えていて、その方はイノシシ退治のために銃の免許まで取ったとか。今年か去年かで20頭以上殺したとか・・・

その話を聞いてから(((( ;゚д゚)))状態で進むことになります。


日振島 神山隧道 トンネル


トンネルを抜けるとそこはって感じの写真です。
島にあるトンネルのうちの一つです。昭和39年に作られたみたいですが、祖母と母が住んでたのは昭和36年まで・・・明海から能登までどうやって行ったのでしょうか(;´Д`)


日振島 日崎海水浴場


そして昔は大勢の海水浴客で賑わっていた「日崎海水浴場」。
キャンプ場が作られたりと観光客を狙った整備がされてたそうですが、途中で中止したみたいです。この場所、かなりの坂道を上った所なんですが、照りつける太陽と永遠に続くアップダウンに、私の足は悲鳴を上げていました。


日振島トンネル

先ほどの場所から少し行ったところに二つの目のトンネル「日振島トンネル」があります。
名前のプレートだけ撮って、トンネルの写真を撮るのを忘れてしまいましたorz 平成8年に作られただけあって、かなり新しいです。さすがに疲れてきたので、このトンネル内で5〜10分ほど休憩と水分補給をしました。

さぁ出発!と歩きだし所、トンネルの真ん中あたりに黒い物体がいるんですよ(((( ;゚д゚)))
まさかイノシシ!?とビクビクしながら歩いていくと・・・ただの砂の塊でした(汗

ここからが本当の難所と言いますか、海の見えない山道が30分以上続きます。
携帯の電波はまったく入らないし、落石があちらこちらであったりで、一人で歩くのは心細くて泣きそうになる道でした。とにかくイノシシが現れないようにと、それだけと思いながらひたすら歩きました。

この時は疲れも忘れて死にもの狂いで歩いてたと思いますw




舗装されていない道からアスファルトの道が現れると、やっと海を拝むことができました。
この写真は、島の裏のほう、九州方面を撮ったものだと思います。





そろそろ能登(のと)が近づいてきました。
目の前に広がる青い空に青い海が、疲れた私の体を癒してくれます。透き通った海に感動!


日振島から見た沖の島


やっと目的地の「沖の島」が見えてきました!
最大の目的、それは沖の島にあるという「デラ台風遭難殉職者名録」に刻まれている私の祖父の名を、記憶にも記録にも残すこと。あと少し、力を振り絞って歩き出しました。




実は・・・アレに遭遇してしまったのです(((( ;゚д゚)))
遠くからでも丸々と太ったのが分かるイノシシさん。右から左の山へとのそのそ歩いて行ったんです。あまりの恐怖と衝撃に、数分立ち止まってしまいました(泣。写真なんて撮ってる余裕ありませんよ!イノシシですよ!しかも巨大な!

いつまでもココにはいられないので、意を決して先に進みました。


日振島 能登漁港


喜路を出発して約3時間、最後の集落「能登」に到着しました。
ここから母の同級生の方に船で沖の島まで連れて行ってもらう予定でしたが、諸事情により、息子さんが連れて行ってくれることになりました。


[A=喜路 B=明海 C=能登 D=沖の島]



Part 3へつづく。

スポンサーリンク

コメント
コメントする








   

スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2017/6/11〜6/20)
  • 6月の出来事一覧はこちら
  • 6/12 ジャイアントパンダ「シャンシャン」誕生
  • 6/13 訃報 女優 野際陽子さん(81)
  • 6/14 インパルス堤下 車中意識もうろう
  • 6/15 テロ等準備罪 成立
  • 6/17 AKB総選挙 指原莉乃さん3連覇
  • 6/19 稲垣・草・香取 事務所退所
  • 6/20 将棋 加藤一二三九段引退

ページ先頭へ戻る