出来事(時事・ニュース)について
はじめに

1年365日、時間にして8760時間、世界中で起こる様々な出来事(時事・ニュース)。
残虐な事件、痛ましい事故、自然災害、政治問題、芸能・スポーツ...その量は、膨大です。当ブログでは、2011年より適当に集めたニュースをまとめています。


コンセプトは、「うちはうち、よそはよそ」です。


すでに似たようなサイトが数多く存在し、どれも素晴らしいものばかり。
後発の私は、それらを真似るのではなく、ただただ適当に集めて載せていくスタイルで頑張ります。


日本・世界の出来事 各年・各月一覧

(2013年より)3か月分を1セットにして掲載しています。
上半期・下半期と分けていますが、2012年の名残が残ってしまっただけで、まったく意味はありません。消したい・・・


ジャンル(分類)分けもしています。
基本は、「国内」「海外」「事故」「事件」「災害」「経済」「政治」「芸能(エンタメ)」「スポ(スポーツ)」「結婚」「訃報」「珍事」「宣伝」の13ジャンル。その他に「災害」や「宇宙」など、内容によって増えることもあります。また、より詳しく伝えるために"続報"や"注釈"をプラス!したりしなかったり、ラジバンダリ。


たとえば、「報道(発覚)した日」と「実際に起きた日」がズレている事があります。
このような場合、日付が近ければ後者、遠ければ前者の日付で記載しています。とは言いつつも気まぐれな部分もあるので、参考程度にしてください。


それでは、以下よりお楽しみください。


[NEW]2016年よりデザインを一新!さらにグチャグチャになりました!助けてください!

西暦(年号) 上半期 下半期
2016年(平成28年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2015年(平成27年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2014年(平成26年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2013年(平成25年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2012年(平成24年) 1月〜6月 7月〜12月
2011年(平成23年) 1月〜12月

※免責事項※

山善 人感センサー付セラミックヒーターを買う。

| 2011.11.26 Saturday 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | category:商品レビュー
[admin]


本格的な冬が到来する前、トイレの寒さ対策で以前購入したセラミックヒーターを設置するも動かず・・・
思い出しました、壊れかけだったことを(泣。

さすがに寒さに耐えられないので、新しいセラミックヒーターを購入しました。

※当初は、山善の特定の機種について書いていましたが、人感センサー付セラミックヒーター全般について書き直しました。購入時の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

人感センサー付セラミックヒーターについて




人感センサー付きセラミックヒーターは、その名の通り「人感センサー」「セラミックヒーター」が合わさったものです。

[人感センサー]
・赤外線を利用して人(温度変化)を感知する(例:自動ドア・センサーライトなど)

[セラミックヒーター(セラミックファンヒーター)]
・セミラックスにより素早く温風を出せる(例:ドライヤーみたいな感じ)
・火を使わないので空気が汚れない、安全(子供やお年寄りも安心)
・季節家電の中でも比較的安価(約3000円台〜)
・デザインが豊富(スリムタイプ・横置きタイプなど)


この合わせ技のおかげで、トイレのドアを開けた瞬間に温風が出てくるわけです。
さらに数分後には自動的にオフにもなります。面倒くさがりな方、切り忘れが心配なお年寄りには嬉しい機能ですね。


各説明と購入時のポイント




写真の機種は、山善(YAMAZEN)というメーカーの2011年モデルです。
山善にした理由は、いざという時のサポートがあること、デザイン性が良かったことがあげられます。2016年現在、形や機能はそのままの後継機種「DSF-VJ083」が販売中です。



[人感センサーについて]
右上の丸い部分が人感センサーになっていて、動きを感じて自動でスイッチが入ります。
場所は各メーカーごとにバラバラですが、基本は右・中央・左の3ヵ所。センサー+セラミックのおかげですぐに温風が出てくるのが嬉しい( ;∀;)

我が家ではトイレ用に使っていますが、洗面所にも最適です。
またセンサーをオフにすれば常時運転も可能なので、机の下や約4.5畳までの部屋(機種による)を暖める暖房機としても使えます。




[消臭機能]
裏側には、吸気口が付いています(機種によっては横)。
ここから空気を吸い込み、ファンが回ることで温風が前面から出てきます。写真ではファンが丸見えになってますが、実際は付属の消臭フィルター(山善の場合:トリプルフレッシュバイオフィルター)をはめ込んで使います。

安価なモノでも消臭機能はありますが、消臭能力は微妙です。(個人差あり)




[設置場所の広さ]
セラミックヒーターは、コンパクトな物から大型の物まで、とにかくサイズが豊富に揃っています。
我が家のトイレは狭く少しでも圧迫感の無いものを探していました。台座は大きいですが、全体的にスリムなおかげで邪魔に感じません。

まあ、あまり気にすることでもないです・・・







[操作パネル]
人感センサーで動くようにしておけば、操作ボタンはほとんど触りません。
しかし自分でオンオフしたい、モードを切り替えたい場合は、ボタンや文字が小さいと「操作しづらい」「見づらい」場合があります。お年寄りや年配の方が利用する・プレゼントする場合は、注意が必要です。

[性能]
一番大事なのが、『性能』
基本的には、人感センサーによる運転、温度設定による自動運転、連続運転の3つがあります。

■人感センサーモード
この山善の機種の場合、「ECOモード」にすると人感センサーが働き、人がいなくなると1分で温風から送風(消臭)に、3分後には送風も止まる節電仕様です。

以前使っていた機種は、2分で温風から送風、10分後に送風停止と、無駄に長く設定されていました。購入時には、温風と送風が何分に設定されているかをチェックしましょう。

■温度設定モード
機種によりますが、3段階または4段階の温度設定(室温センサー)による自動運転が可能です。
設定した温度まで達すると停止、下がれば設定温度まで暖めます。この機能の利点は、トイレなどに入った段階で温かいことです。欠点は、暖まりの悪い場所では設定温度まで上がらず、延々と運転し続ける所です。

電気代が恐ろしいことに・・・

■連続運転モード
そして連続運転は、常時温風が出続けます。
サーモスタット機能が付いていると思うので温め過ぎることはないと思います。しかし、上記のモードと同じく電気代に注意が必要です。


温度設定と連続運転は、洗面所や脱衣所を事前に暖めておきたい場合に有効です。
ヒートショックが原因で亡くなる方が、年間1万人以上にもなるとか。命は電気代に代えられないですからね・・・


長持ちの秘訣は"掃除"




以前使用していて壊れたセラミックヒーター、この吹出口の奥にビッチリとホコリが溜まっていました。
吹出口から出るべき温風が中にこもり、少しずつ機械を壊していたのかもしれません。

ドライヤーの中にホコリ溜まってませんか?え!?我が家だけ?(;´・ω・)

1週間〜2週間に1回は、必ずフィルタの掃除を行ってください。


意外と電気代がかかる!?


セラミックヒーターは、連続運転で使う場合は電気代がそれなりにかかります。
こちらで紹介した機種は、消費電力が800W、1時間連続運転すると20円。単純に1日5時間・30日間使用すると、3000円かかるわけです。

●1時間の電気代
0.800(kWh) x 1(時間) x 25(円/1kWhあたり) = 20円

●1日5時間・30日間の電気代
0.800(kWh) x 5(時間) x 25(円/1kWhあたり) x 30(日) = 3000円

※800W=0.800kWh
※1kWh=25円計算(地域や段階的に変わります)
※強弱切替搭載の機種除く

最近では、1000W以上の商品が増えてきました。
しかし消費電力が多い割には、部屋全体を暖める暖房機としては不向きな面もあります。トイレのように狭く短時間ですむ所、脱衣所や台所、机の下に置き勉強をする間など、ファンヒーターや石油ストーブが使えない、頭がボーっとするのが嫌な人にお勧めです(頭寒足熱!)。


おわりに


セラミックヒーターは、空気を汚さずすぐに温風火を使わず安全なのが最大の特徴です。
さらに人感センサーがプラスされたことで、無駄な電気代をカットしてくるのも嬉しいです。数多く販売されているセンサー付きの物は、基本性能はどれも同じなので、デザインや性能のちょっとした違いや保証がしっかりあるかなど、細かい所をチェックして決めると良いと思います。

ざっとまとめると、

[良い所]
・すぐに温かい温風が出る
・火を使わず安全
・センサーで動きを感知し、勝手にスイッチオン&オフ
・トイレや机の下に置ける小さなボデー
・冬以外も脱臭機(送風機)として使える(機種による)

[悪い所]
・連続運転(長時間使用)すると電気代が高くなる
・部屋を暖めるのには不向き
・ホコリが溜まりやすい

何とかして、この寒い冬を乗り切りましょう(;´・ω・)


管理人のオススメ


■セラミックヒーター一覧:山善直営 くらしのeショップ@楽天

山善では、小型・薄型タイプから首振り、加湿機能、センサー無しタイプなど豊富にそろっています。
旧型と新型が混在している場合がありますが、型番の違いだけで、機能面やデザイン面の変更は無さそうです。ですが、


 


 



 


 



■アイリスオーヤマ(人感センサー付きセラミックヒーター一覧 -楽天市場-

アイリスオーヤマでは、机の下に置いても邪魔にならない「JCH-D082T」、縦横どちらでも使える「JCH-TW122T」、加湿もできる「SHH-121」などが販売されてます。使う場所を意識したデザインになっているのが特徴です。温風の強弱切替が可能!(一部機種)


 


 



 


 



■その他、人感センサー付きセラミックヒーター一覧(送料込み)

インテリアを意識したデザインの物から、従来型の物まで、様々なタイプが販売されています。
メーカーにこだわりが無いのであればお手頃価格から入手可能です。


 


 


 


 


Amazon:セラミックヒーター売れ筋一覧 / 楽天:セラミックヒーター売れ筋一覧

スポンサーリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

スポンサーリンク
アーカイブ
Amazon.co.jp
LDK (豪華版) [Blu-ray]

発売日:2014-10-10

ブログ内検索

プロフィール
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事('16/3/11〜20)

ページ先頭へ戻る