出来事(ニュース・時事)おまとめ

2017年4月6日:2017年1月〜3月分を更新しました

はじめに

1年365日、時間にして8760時間、世界中で起こる様々な出来事(時事・ニュース)。
残虐な事件、痛ましい事故、自然災害、政治問題、芸能・スポーツ...その量は、膨大です。当ブログでは、2011年より適当に集めたニュースをまとめています。


コンセプトは、「うちはうち、よそはよそ」です。


すでに似たようなサイトが数多く存在し、どれも素晴らしいものばかり。
後発の私は、それらを真似るのではなく、ただただ適当に集めて載せていくスタイルで頑張ります。


日本・世界の出来事 各年・各月一覧

(2013年より)3か月分を1セットにして掲載しています。
上半期・下半期と分けていますが、2012年の名残が残ってしまっただけで、まったく意味はありません。消したい・・・


ジャンル(分類)分けもしています。
基本は、「国内」「海外」「事故」「事件」「災害」「経済」「政治」「科学」「芸能(エンタメ)」「スポ(スポーツ)」「結婚」「訃報」「珍事」「宣伝」の14ジャンル。その他、内容によって増えることもあります。また、より詳しく伝えるために"続報"や"注釈"をプラス!したりしなかったり、ラジバンダリ。


たとえば、「報道(発覚)した日」と「実際に起きた日」がズレている事があります。
このような場合、日付が近ければ後者、遠ければ前者の日付で記載しています。とは言いつつも気まぐれな部分もあるので、参考程度にしてください。


それでは、以下よりお楽しみください。


西暦(年号) 上半期 下半期
2017年(平成29年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2016年(平成28年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2015年(平成27年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2014年(平成26年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2013年(平成25年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2012年(平成24年) 1月〜6月 7月〜12月
2011年(平成23年) 1月〜12月

※免責事項※

現在表示されている記事

災害義援金・寄付金の受付一覧と被害状況

| 2013.09.19 Thursday 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | category:のほほん日記
[admin]
近年、自然災害による被害が目に見えて多くなってきたように思います。
災害義援金(募金)を受け付けている国内外の主な機関・自治体一覧、被害状況をまとめました。


当ブログでは、アフィリエイト広告を設置しています。
記事毎に表示・非表示の制御できないため、広告が表示されてしまいます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


2011/3/11 東日本大震災


【被害状況】
人的被害:
├死者1万5894人・行方不明者2561人(2016年3月10日現在 参照:警察庁)
├震災関連死3407人(2015年9月30日現在 参照:復興庁)
├避難者数約17万4000人(2016年2月12日現在 参照:復興庁)

【義援金・寄附金受付】
東日本大震災義援金を受付けています / 赤十字社
寄附金及び義援金について / 宮城県
いわて防災情報ポータル・東北地方太平洋沖地震に係る義援金・寄付金の募集について / 岩手県
義援金の受付 / 長野県


2016/4/14 平成28年(2016年)熊本県地震


【被害状況】
・被害地域:熊本、大分
・人的被害:死者 50人、震災関連死 53人、負傷者 約2300人
・建物被害:全半壊 約6000棟、一部損壊 約23000棟

[義援金受付]
平成28年熊本地震災害義援金 / 赤十字社
熊本地震災害緊急支援募金 / Yahoo!ネット募金


2016/8/30 平成28年台風10号


【被害状況】
・被害地域:北海道、岩手
・人的被害:死者 22人、不明者 5人、負傷者 11人
・建物被害:全半壊 約2500棟、一部損壊 約1200棟

[義援金受付]
平成28年台風10号等災害義援金 / 赤十字社
2016年台風10号 岩泉町災害義援金 / Yahoo!ネット募金


2016/10/21 平成28年鳥取県中部地震


【被害状況】
・被害地域:鳥取、岡山
・人的被害:負傷者 26人
・建物被害:全半壊 5棟、一部損壊 745棟

[義援金受付]
平成28年鳥取県中部地震災害義援金 / 赤十字社
平成28年鳥取県中部地震支援募金 / Yahoo!ネット募金


あとがき


生活再建の要は「お金」だと思います。

住宅の全壊・半壊の場合、日本では『被災者生活再建支援法』が適用されますが、台風や地震などによる一部損壊は、基準に満たず対象外になる場合があります(自治体独自で支援する場合あり)。認定の厳しさも問題になっていました。義援金の額が増えることで、(おそらく)より多くの方に分配されると思います。

[義援金と支援金(寄付金)の違い](引用:Yahoo!JAPAN
義援金:被災者への直接支援(見舞金等)
支援金(寄付金):被災地で様々な活動を行っている機関・団体(NPO/NGO等)への活動資金提供

[被災者生活再建支援法(引用:内閣府)]
支援金:全壊 100万円(建替え・購入+200万円)、大規模半壊 50万円、修理 50万円
適用基準:一市町村で住宅全壊が10世帯以上(半壊2世帯または浸水3世帯で1全壊)

上記を見ても、複雑なうえに認定が厳しく、金額も少ないのが現実。
まず災害が起こる前に、現在加入している『保険』(火災保険・地震保険など)がどこまで保障の対象になっているのかなど、確認しておくのも大切です。

兵庫県では、1995年に起こった「阪神・淡路大震災」を教訓に、県民で支えあう『フェニックス共済(兵庫県住宅再建共済制度)』が作られました。あらゆる自然災害による住宅の全壊半壊・一部損壊に対応しています。兵庫県民の方は、加入をオススメします。

被災された方が一日でも早く元の生活に戻れますように。

更新 2016/10

スポンサーリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

スポンサーリンク
アーカイブ
Amazon.co.jp
LDK (豪華版) [Blu-ray]

発売日:2014-10-10

ブログ内検索

プロフィール
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事('16/6/11〜20)

ページ先頭へ戻る