【断る勇気】 どんなに大好きな人でも、「自ら撮らない」「撮らせない」。

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | 2013.10.09 Wednesday 17:22 |
[admin]
先日、痛ましい事件がありました。
事件発生直後から、インターネット上では亡くなった被害者と思われるの女性のプライベートな写真や動画が発見され、大変なことになっています。容疑者とされる男が、事件前から計画していたみたいです。

卑劣極まりない行為。

私が携帯電話を手に入れたのは約15年前。
それから2〜3年もせずに、カメラ付き携帯電話が登場。現在はスマートフォンに高画質カメラが搭載され、ブログやツイッター、フェイスブックやLINEなどインターネット上に簡単に画像を載せられる時代になりました。

ほんまにそれでええの?
スポンサーリンク

何でも撮る時代


使い捨てカメラやフィルムカメラは撮影枚数が少なく、現像のためにはお店に出していました。
それが今、小さなメモリーカードの中には数千枚から数万枚以上の画像が保存でき、現像せずともパソコンやスマホで見ることができます。「写ルンです」を大切に使っていた時代が懐かしい・・・

手軽さゆえ、事件や事故の現場を撮影し、報道カメラマンばりにネットに載せる人が現れました。
痛ましい事件現場で、無表情で撮影する人がいたとかいないとか。ケガをしている方や血が写っているのに・・・学校でのイジメや暴行を動画で撮影する行為も問題になっています。

さらに最近では、電車内で気になった人を勝手に撮影したり、バイト中の悪ふざけを撮影したりと、収拾がつかない状態に。

スマホには無音アプリ?なるものがあるそうですね。
私はガラケー一筋なのでよく分かりませんが、カメラの撮影音を消してしまうものみたいです。そりゃ気づかれずに撮影できるわけだ・・・

テレビで最近よく見るのは、小さい子はカメラ付きゲーム機を芸能人に向けて無言で撮影し、大人も同様にスマホを向け撮影する光景。一言「いいですか?」と言えないのでしょうか・・・子供は分からないにしても、大人はそこで注意してあげないと。

そこにSNSが合わさり、さらに状況は悪化するばかり。


ネットに載せるリスク


匿名が当たり前だった昔とは違い、今のネットは、リアルな世界の延長線上に存在しているみたいです。
ネット上に名前を出し、日記や今起こった出来事などを載せている人が増えました。仲間内しか見れない鍵付きのページや、誰にも教えていない裏垢(よく分かってないけど・・)を持っている人も多いと思います。

名前の有無に関わらず、画像1枚からでも個人を特定できます。

線路やバイト先での悪ふざけの写真は、完全に顔が出てしまっているものがほとんどなので、特定は凄まじく早いです。それと違い、名前も顔も隠していても、日々載せ続けた画像や文章から特定されるリスクは格段にアップします。載せた時は楽しくてたまらなく、その後は忘れてしまっているケースがほとんどではないでしょうか。

世の中、良い人ばかりじゃありません。

画像や動画とともに個人情報がネット上に貼られ、半永久的に晒され続けます。
最近では「まとめ」なるものが流行り、徹底的に情報が集められていきます。人々の記憶から消えさるのを待てば、検索されずに済む・・・と思うのは間違い。同じような事が起こった時には、過去の例として引き合いに出され、自分の過去を知らない人にまでも知られてしまう可能性もあります。

・電車乗ってたらこんな人がいた!←だから何?勝手に晒してもいいの?
・目の前の人気持ち悪い!←盗撮してるほうが気持ち悪いよ
・(線路で)記念撮影!←遺影に使ってもらえるかもね

今撮影した画像、本当に載せても大丈夫ですか?


○な画像や動画は「撮らない・送らない・撮らせない」


何年も前から「性の低年齢化」と言われてきました。
中学生ともなれば恋をし、そういう関係を持つことも少なくありません。親が厳しく言おうが、学校で教育しようが、そういう行為をしてしまうのは"たぶん"止められません。

でも「避妊」だけはしっかりね。

要求はエスカレートしていきます。
最近では、自分の裸を撮って送ったり、彼氏に頼まれて「にゃんにゃん」動画を撮影したり。フィルム時代にもいたとは思いますが・・・そこは詳しくは分かりません。とにかく手軽に行えてしまうことが、とても怖いんです。

「少しだけお願い」
「あとでちゃんと消すから」
「俺の事好きならいいよね?」


大好きな人とてアカの他人
気づかない間にネットに流され、不特定多数の人が見ているなんてことも起こりえます。いや、実際に起こっています。付き合っている最中かもしれないし、別れた腹いせかもしれないし、ウィルス感染による流出かもしれない。名前から個人情報までセットにされ、沈むことのないネットとという船に乗り、半永久的にただようことになります。

それでも撮りますか?撮らせますか?

アメリカの一部では「リベンジ・ポルノ(復讐のポルノ)」と呼ばれ、かなり深刻な問題になっています。
カリフォルニア州では、2013年10月1日より『リベンジ・ポルノ非合法化法案』が施行され、有罪となれば最高で禁固6か月・1000万ドルの罰金が科されるようになりました。=「復讐のポルノ」を非合法化、米カリフォルニア州 / AFPBB News

一見厳しいようにも思えますが、立件が難しかったり、刑が軽かったりと微妙です。
たとえ有罪になったとしても、流出した画像や動画が消えることはありません。特に海外のサーバーだと、国内法では処罰されないし、削除依頼にも答えてくれない場合がほとんどです。撮らない!送らない!撮らせない!、とにかくこれが大事。

どんなに好きでも"きっぱりと断る「勇気」"を持ってください。
変態趣味の方はご自由に。


動画配信の罠


最近では、動画配信も手軽になり、カメラとパソコンorスマホがあれば誰でも簡単に行えます。
視聴者は顔の見えない『不特定多数』。「私の事を見てくれる人がいる」「たくさんコメントがもらえて嬉しい」、だから「もっと見てほしい」、という感じで止められなくなる人もいるとか。

その配信、隣の部屋で親が見てるかも。

ネットに心のより所を求めるのは悪いことではないと思います。
しかし視聴者は、配信者の気分が舞い上がったきた所を狙っています。その罠に引っかかると、自ら"あられもない姿"を見せてしまうんです。

楽しいのは一瞬、苦しみは一生。

動画なんて簡単にキャプチャ(録画)できるので、すぐに日本中・世界中に"あられもない姿"の自分が公開され続けます。不特定多数のスマホやパソコンに保存され続けます。自分の知らない所で見られ続けます。私なら気持ち悪いですけどね・・・知らない所で見られ続けるなんて。

非公開で配信してるから大丈夫、なわけがない。

動画配信は自由です。
そういう危険があることを理解してください。


最後に


今その手に持っている携帯電話やスマホは、イキモノです。
大切に扱えば何でも教えてくれるし、助けてくれる。乱暴に扱えば、取り返しのつかない状態になる。本当にデリケートなイキモノです・・・だからこそ、何が危険なのかを自ら学ぶしかないと思うんです。

そのイキモノはあなたよりも『優秀』。
だから、リスクや危険性について学ぶことができます。

最初は、情報が多くてどれが正しいのか迷うかもしれません。
でも焦らずゆっくり調べていけば、そのイキモノは答えを出してくれるはず。それでも分からないときは、お父さんお母さん、周りの大人に勇気を出して聞いてみるのも良いと思います。

自分を、家族を、大切に。

コメント
コメントする








   

スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2017/8/20〜8/31)
  • 8月の出来事一覧はこちら
  • 8/20 松山千春さん、遅延機内でサプライズ熱唱
  • 8/21 埼玉ポテサラO157集団感染
  • 8/22 甲子園 広陵・中村奨成捕手大会最多6号
  • 8/23 甲子園 花咲徳栄高校初優勝
  • 8/25 鳴門自動車道 バス追突横転16人死傷
  • 8/26 青森 海自哨戒ヘリ「SH60」墜落
  • 8/27 バドW杯 奥原希望選手優勝
  • 8/28 訃報 羽田孜元首相(享年82)
  • 8/29 北朝鮮ミサイル発射 日本上空通過
  • 8/31 速水もこみち弟 傷害容疑で逮捕

ページ先頭へ戻る