出来事(ニュース・時事)おまとめ

2018/4/12 2018年(平成30年)1月〜3月分を更新しました

はじめに

1年365日、時間にして8760時間、世界中で起こる様々な出来事(時事・ニュース)。
残虐な事件、痛ましい事故、自然災害、政治問題、芸能・スポーツ...その量は、膨大です。当ブログでは、2011年より適当に集めたニュースをまとめています。


コンセプトは、「うちはうち、よそはよそ」です。


すでに似たようなサイトが数多く存在し、どれも素晴らしいものばかり。
後発の私は、それらを真似るのではなく、ただただ適当に集めて載せていくスタイルで頑張ります。


日本・世界の出来事 各年・各月一覧

(2013年より)3か月分を1セットにして掲載しています。
上半期・下半期と分けていますが、2012年の名残が残ってしまっただけで、まったく意味はありません。消したい・・・


ジャンル(分類)分けもしています。
基本は、「国内」「海外」「事故」「事件」「災害」「経済」「政治」「科学」「芸能(エンタメ)」「スポ(スポーツ)」「結婚」「訃報」「珍事」「宣伝」の14ジャンル。その他、内容によって増えることもあります。また、より詳しく伝えるために"続報"や"注釈"をプラス!したりしなかったり、ラジバンダリ。


たとえば、「報道(発覚)した日」と「実際に起きた日」がズレている事があります。
このような場合、日付が近ければ後者、遠ければ前者の日付で記載しています。とは言いつつも気まぐれな部分もあるので、参考程度にしてください。


それでは、以下よりお楽しみください。


西暦(年号) 上半期 下半期
2018年(平成30年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2017年(平成29年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2016年(平成28年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2015年(平成27年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2014年(平成26年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2013年(平成25年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2012年(平成24年) 1月〜6月 7月〜12月
2011年(平成23年) 1月〜12月

※免責事項※

FJL22のバッテリーに優しい充電はどっち?急速充電対応卓上ホルダ vs 共通ACアダプタ04(microUSB)

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | trackbacks(0) | 2014.09.17 Wednesday 17:12 |
[admin]
FJL22 FJL22PUA 共通ACアダプタ04

FJL22の最大のポイントは、付属されている急速充電対応卓上ホルダによる『超急速充電』
たった10分で約30%、1日に必要とされる分を充電できちゃいます。でもそれだけ速いと、バッテリー(リチウムイオン電池)への負担は相当なもの・・・

そして、バッテリーが苦手なのは『熱』

発売から約10か月経って今更すぎますが、アプリ「Battery Mix」を使って、温度の面からどちらの充電がバッテリーの劣化を抑えられるのか調べてみました。

さて、結果は如何に。
スポンサーリンク

※共通事項※
・アプリ「Battery Mix」
・ハードカバー装着
・機内モード
・バッテリー1%〜100%まで(起動してる状態で始めるため)
・起動させてスリープ状態(確認のため数回起動)
・基準は40℃とします(手に持って熱いと感じる温度)


急速充電対応卓上ホルダ(FJL22PUA+FJL22PQA)での充電






【仕様】
出力:DC12.0v 3.0A
満充電までの時間(公称):約110分

【結果】
満充電までの時間:93分
温度:開始温度 33℃ / 最高温度 36℃

赤い線が充電時間、黄色い線が温度を指しています。

さすが超急速充電というだけあって、かなり早いですね!
温度上昇は開始時から+3℃と、思ったほど上がりませんでした。以前温度を見た時は、44℃〜46℃とかなり高温になっていたんですが・・・


au純正・共通ACアダプタ04(microUSB)での充電






【仕様】
出力:DC5.0v 1.8A
満充電までの時間(公称):約180分

【結果】
満充電までの時間:150分
温度:開始温度 32℃ / 最高温度 34℃

結果は、開始時から+2℃。
充電中に本体を触っても、熱さをほとんど感じませんでした。


検証結果


どちらも「バッテリーに優しい」という結果に。

あれ?思ってたのと違うw
フル充電までたった約110分(公称)の卓上ホルダのほうが、悪い結果になるはずだったのに・・・検証しておきながら、何だか腑に落ちません。っと思ったら、グラフの下の『DISPLAY』が卓上ホルダでは消えていて、ACアダプタでは点いてました。

なんでやねん・・・

そんなわけで、物凄く無駄な結果に終わりましたorz
これ以上の検証は、バッテリーに負担がかかるので行いません。

温度以外にも、「空になるまで使わない」「100%まで充電しない」「充電中は使用しない」「ゲームはしない」「動画は見ない」「長時間使わない」など、それらも併用していけば少しはバッテリーの劣化を抑え、長持ちさせることが出来ると思います。微々たるものだろうけど(;´・ω・)

とにかく、『熱』に気を付けましょう。

※今回の検証は、私が独自に決めた基準(40℃)を元に行っています。基準以下であっても、バッテリーの劣化が進まないということではありません。

修正 9/19

コメント
コメントする








   

スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2017/6/11〜6/20)
  • 6月の出来事一覧はこちら
  • 6/12 ジャイアントパンダ「シャンシャン」誕生
  • 6/13 訃報 女優 野際陽子さん(81)
  • 6/14 インパルス堤下 車中意識もうろう
  • 6/15 テロ等準備罪 成立
  • 6/17 AKB総選挙 指原莉乃さん3連覇
  • 6/19 稲垣・草・香取 事務所退所
  • 6/20 将棋 加藤一二三九段引退

ページ先頭へ戻る