コスパだけで選ぶ!スリムなデスクトップPC「Lenovo H530s 57320178」を購入

カテゴリ:購入した物レビュー | comments(0) | 2015.02.28 Saturday 12:34 |
[admin]


14年近く頑張ってくれた、ソニーのバイオさん(PCV-J21)にお別れです。
ブラウン管モニタが最終的に壊れた以外は、ハードディスクを1度交換したのみ。本当に凄いヤツです・・・

本当に有難うございました。

そんなこんなで、コスパの良さそうなレノボの『H530s 57320178』と、アイ・オー・データの23インチ液晶ディスプレイ『LCD-MF234XNR』を購入してみました。

※すでに販売を終了しています※
スポンサーリンク

Lenovo H530s 57320178について


Lenovo H530s 57320178

[スペック]

■OS:Windows 7 Home Premium(64bit)
■CPU:Intel Pentium G3220 3.0GHz
■HDD:500GB(Cドライブ 97.6GB、Dドライブ 342GB、その他 リカバリー領域)
■RAM:4GB(PC3-12800 DDR3 SDRAM / 最大16GB)
■光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
■付属品:キーボード、マウス、スピーカー
※詳しいスペックはこちら→▲Lenovo H530s 製品仕様書


購入した途端に、例の「Superfish」問題が(;´・ω・)
そんな殺生な・・・https://filippo.io/Badfish/で調べて見たら大丈夫だったので、このまま使います。コスパ重視です・・・

lenovo Superfish

もう2年近く前の機種なので、簡単な感想を。

[レビュー]



購入価格は、約3万円。

PC本体は、スリムタワーを採用しています。
長年お世話になったバイオさんと比べると、横幅は2/3くらい。ちょっとぶつかったら、バタンと倒れそうな予感。耐震ジェルマット等で固定しないと駄目ですね・・・

また拡張性に乏しいようで、色々といじりたり人には不向きなようです。

シックなに前面パネルはヘアライン加工がされていて、高級感も申し分なし。
これがアノお値段で購入できるんですから、信じられませんよね・・・

CPUは、Pentium G3220
Celeronでは心細い、かといってCore iなんて必要な作業もしないということで、私には丁度良さそうです。日本メーカーだと、これより低い性能でもお値段が高いです・・・安心を買ったと思えば、安いかも?

同シリーズに、Core i5搭載の「H530s 57320177」もあります。

処理速度は、それなりに速いんだと思います。
あまり重い処理もしないので、体感的にまだ良く分かりません。

ハードディスクが500GB、メモリーが4GB
windows updateが終わった時点で、Cドライブの空き容量が約70GB。起動直後のメモリ使用量は、約1.3GB(マカフィー削除→AVGインスト済み)といった感じ。どちらも後で交換や増設が可能なので、特に不満はありません。

OSは、Windows7 Home Premium 64bit
メインストリームは終了しましたが、延長サポートであと5年は安心です。もしかしたら、今年登場するWindows10へ無償アップデートできる可能性も!期待は禁物ですが(汗

その他、USB3.0が付いてたり、前面からカードスロットやイヤホン・マイクが接続できて便利だったり、ファンの音も比較的静かだったりと、かなり満足度の高いPCです。

ただ、リカバリーディスクが付属されていない!

プリインストールされているバックアップソフト「Lenovo Rescue System 3.0」には、リカバリーディスク作成の項目があるものの、現時点でのバックアップしか対応しておらず、工場出荷時状態に戻すにはHDDに隠されたリカバリー領域からリカバリーする形になります。

Lenovo Rescue System 3.0

HDDが死んだら、終わりorz

調べてみると、同じくレノボから提供されている「Lenovo OneKey リカバリー」を使えば、工場出荷時状態のリカバリーディスクが作れるらしいです。
ソフトは見つけましたが、まだインストールしてません。

最初から作れるようにしといてよレノボさん・・・


アイ・オー・データ LCD-MF234XNR


LCD-MF234XNR

ディスプレイは、IO DATAの超解像技術搭載『LCD-MF234XNR』
数年前の機種ですが、23インチのド迫力、LEDで省電力、文字も画像もとても綺麗に表示されてます。環境によりますが、輝度0でも十分見えます。

ただ、真正面以外から見ると色が変わってしまいます。
比較的低コストなTNパネル?ゆえに、仕方のないことだそうです。

でも23インチで約1万3千円なのを思えば、コスパ最高!


まとめ



まだ使い始めたばかりですが、ネットブラウジングや動画視聴、文書作成程度なら問題ありません。
むしろ、オーバースペックだと思います。先代バイオさんのAMD Athlon プロセッサー 1Ghzと比べると、一体どれだけ進化したんでしょうか・・・想像するのさえ怖いです。

H530s 57320178 CPU-Z

リビングで家族みんなが使う用や、とにかく安く・レノボでも問題ないという方、サブとして購入するにはベストじゃないでしょうか。コスパは悪くないと思います、壊れなければ(汗

スポンサーリンク

コメント
コメントする








   

スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2018/7/20〜31)
  • 7月の出来事一覧はこちら
  • 7/20 巨人 上原投手トリプル100
  • 7/22 東京五輪マスコット名 ミライトワ
  • 7/23 熊谷市 国内最高気温41.1℃
  • 7/24 結婚 三浦翔平・桐谷美玲
  • 7/26 オウム真理教6死刑囚 死刑執行
  • 7/28 台風12号 東から西へ
  • 7/29 ボクシング助成金不正 山根会長
  • 7/30 結婚 勝地涼・前田敦子
  • 7/31 2018年第2四半期スマホ出荷 Huawei2位

ページ先頭へ戻る