[レビュー] 東芝のクリップ扇風機「TLF-18CL20」は便利な中間スイッチ付き、壁掛けもOK。

カテゴリ:商品レビュー | comments(0) | 2017.07.04 Tuesday 13:00 |
[admin]


お風呂上がりの洗面所(脱衣場)がむっちゃ暑いです。
無駄に大きな窓があるものの、道路に面していることもあり全開にしづらいのが現状。長年リビングで使っていた扇風機を持っていって使用していましたが、面倒になってきました。

そんなこんなで、狭い場所でも邪魔にならないクリップ扇風機を設置してみました。

※現在発売中の2018年モデル「TLF-18CL21」と仕様変更はありません
スポンサーリンク

東芝クリップ扇風機「TLF-18CL20」(My Fresh)


TLF-18CL20



■TLF-18CL20:クリップ扇風機:東芝エルイートレーディング株式会社
http://tlet.co.jp/pro_seasons/tlf_18cl20/

<スペック>
・サイズ:18cm / 3枚羽根
・重さ:約1.4kg
・コードの長さ:2m
・風量:2段階(強 / 弱)
・消費電力:22W(50hz) / 20W(60hz)
・操作:中間切替スイッチ(強-切-弱)
・運転モード:連続
・首振り角度:左右各約40度
・上下角度:120度(手動)
・取り付け方法:クリップ、壁掛け(取付金具付き)
・製造国:中国


基本的な性能は、一般的なクリップ扇風機と変わりません。
TLF-18CL20の特徴としては、コードの長さが2m(通常は約1.3m〜1.8m)、中間切替スイッチによる操作が可能なところでしょうか。壁掛け用の金具が付属しているのも有難いです。

当初はリモコン操作の出来る壁掛け扇風機を設置する予定でしたが、壁の裏にあるであろう柱を「どこ太」で探しても見つからず。

下地探し どこ太 Smart



↑どこ太ヘキサエン酸 DHA!!(正しくは、ドコサヘキサエン酸=DHA)

そんなわけでクリップ扇風機を購入したというわけです。


さっそく取り付け






組み立てる必要はなく、箱から出してクリップで挟むだけです。

クリップで挟んで終了や!と思ったのも束の間、取り付け予定の棚がグラグラ動く・・・
我が家の棚、誰が付けたのか分からない"いわく付きの棚"。よく見てみると、しっかりと固定されていないようでした。ネジか釘で留めるしかない、でも面倒なことはしたくない。

僕は諦めた。


クリップ扇風機 壁掛け用金具

幸いにも壁掛け用の金具が付属しています。
そこで固定できそうな場所を探していると「窓枠」にたどり着きました。一か八か、金具を取り付けてみると・・・






金具の幅ぴったりやん!いけるやん!(本体は飛び出てますけど)
少し不安もありますが、とりあえず設置完了です。

※注意点
必ず柱(間柱)に固定する。(無い場合はボルトアンカーで補強)
取り付けの際は、電動ドリル等で下穴を開けてから行いましょう。



中間切替スイッチで楽々操作


クリップ扇風機 中間スイッチ

クリップ扇風機の最大の欠点が「スイッチ操作」
一般的には本体裏側に配置されているため、ただでさえ操作しずらく、高い位置に設置してしまうと手が届きません・・・TLF-18CL20に決めた最大の理由は、「中間切替スイッチ」で操作できるからです。

シンプルなのに超便利!

ちなみに本体から中間切替スイッチまでの長さは、約35cmです。
取り付け位置・向きによっては、届かない・操作しづらくなる可能性もあります。


弱風は中風、強風は超強風、音は大きめ



お安いリビング扇風機を"ちっちゃく"したものと思ってください。
羽根のサイズが約18cmと小ぶりですが、弱でもかなりの風量があります。強はお察しの通り。しかし羽根が小さい分、風の当たる範囲は狭くなります。

また音も相当なものです。
寝室のベッド脇に挟んで使ったろ!という考えは、今すぐ捨て去ってください。

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、こんな感じです↓






首振りは"難"あり?




取り付け翌日から『風量にムラが出る』『異音がする』、この2点を理由に使用を止めました。

●風量にムラが出る
首振りオフの場合、弱でも風量強めでパワフルに動きます。
それに対し首振りオンの場合、不定期に風量が弱まったり強まったりを繰り返し安定しません。初期不良またはモーターへの負担が大きいのでしょうか・・・

●異音がする
取り付け翌日から異音が聞こえるようになりました。
首振りをしなければ大丈夫です。羽根に緩みでもあるのかと思い前面カバーを外しましたが、羽根は取り外せない仕様でした。

交換や返品が面倒なのでこのまま使います。

※初期不良や個体差の可能性あり


まとめ





メリット:パワフル、中間切替スイッチ付き、壁掛け金具付き、2mコード
デメリット:音が大きい、羽根が小さい(風が当たる範囲が狭い)

扇風機を購入する上で知ってほしいのが、価格と性能が比例するということ。
クリップ扇風機の価格帯は、2000円台後半〜3000円台後半くらいです。リビング扇風機に置き換えてみると想像がつくと思います。

しかしTLF-18CL20は、「中間スイッチ」という付加価値付き!

何かと話題の東芝ですが、使い勝手を考慮した設計は"さすが"としか言いようがありません。
え?後付けで中間スイッチ付けられるやん?・・・それを言っちゃあおしまいよ...

東芝製(製造は中国)・中間スイッチ・2mコード、この3点に魅力を感じた人にオススメします。


コメント
コメントする








   

スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2017/7/21〜7/31)
  • 7月の出来事一覧はこちら
  • 7/21 訃報 作曲家 平尾昌晃さん
  • 7/22 平成23年紀伊半島大水害 遺体発見
  • 7/23 大相撲名古屋場所 横綱白鵬優勝
  • 7/24 マダニ感染ネコからSFTSで死亡 世界初
  • 7/26 関空-神戸空 高速船「ベイ・シャトル」衝突
  • 7/27 今井絵理子議員・橋本健市議 不倫報道
  • 7/28 稲田朋美防衛相 辞任
  • 7/29 温泉と遊園地「湯〜園地」開園
  • 7/30 ホリエモンロケット打ち上げ失敗
  • 7/31 森友学園 籠池夫妻逮捕

ページ先頭へ戻る