[レビュー] 山善 DCモーター搭載・壁掛け扇風機「YWX-BGD30(YWX-BGD301)」で静音を手に入れる。

カテゴリ:商品レビュー | comments(0) | 2017.07.09 Sunday 17:06 |
[admin]
壁掛け扇風機 DC

※2018/4/5 更新
3月より2018年新型モデル「YWX-BGD301」が発売開始されました。
型番のみの変更で機能やデザインの変更はありません。以下、購入時の参考にしてみてください。


和室用に壁掛け扇風機を購入しました。
そんな壁掛け扇風機にもDCモーター革命が起きてます・・・DCモーターと言えば、省電力、静音、細かな風量調整が可能というメリットしかありません。

これは買うしかないやろー!

スポンサーリンク

山善 DC壁掛扇「YWX-BGD30(YWX-BGD301)」(DCモーターファンシリーズ)


YWX-BGD30 YWX-BGD301

<スペック>
・サイズ:幅360mmx奥行330mmx高さ430mm
・羽根径:30cm(5枚羽根)
・重さ:約2.3kg
・コードの長さ:1.6m
・消費電力:20W
・風量:5段階(静音 / 弱 / 中 / 強 / ターボ)
・運転モード:連続、リズム風
・タイマー(入・切):1、2、4、6時間
・切り忘れ防止タイマー:8時間
・操作:ワイヤレスフルリモコン、本体
・首振り:左右(自動)、上下(手動)


■扇風機 | YAMAZEN BOOK(一番下「2017年扇風機カタログ」を参照)
http://www.yamazen.co.jp/yamazenbook/product/product01/

壁掛け扇風機の中でもDCモーター搭載となると、山善とテクノスの実質2強状態。
需要が無いわけではないですが、気合いを入れてまで作ろうと思うメーカーが少ないのが現実のようです。

そんなわけで、新発売っぽい?という理由だけで山善を選びました。

YWX-BGD30(YWX-BGD301)の特徴は、ズバリ「DCモーター」を搭載しているところ。
弱風よりも弱い"静音"モードがあります。風量なのに"音"を入れてくるところが山善らしいです。

そこは微風でええねんで!




見た目は、シルバー使いでスタイリッシュ。
前面にはメーカー名やロゴが無く、洋室でも和室でも違和感なく設置できるデザインだと思います。


壁掛け扇風機 スリム

壁掛けゆえの圧迫感も「フラットワイヤーガード」採用で多少軽減しているようです。


和室の柱に取り付けてみる




有難いことに和室は柱の位置がよく分かります。
ドリルで下穴をあけ壁掛金具を取り付け、あとは壁掛け扇風機本体を引っ掛けて完了です。




位置を決めるのに手間取り、擦り傷だらけに・・・
ちなみに柱の横に張り付いてる白いやつは、電気コードを固定するフックです。






喜んだのも束の間、よく見てみると天井ギリギリ。
ハンガー掛けにもなる「長押(なげし)」を避ける必要があったので仕方ありません。説明書によると天井から40cm離して壁掛金具を取り付ける必要があります。危ないとこだった・・・

あっ、コンセントめっさ遠かった(゚Д゚;)


各機能説明と動作テスト


※風を視認化するビラビラ(笑)が無いため、首振りと風の音を頼りにDon't think,feelしてください

■風量
風量は、静音・弱・中・強・ターボの5段階。
「静音」は、そよそよとした風で就寝時やエアコンとの併用に最適。「弱」は気持ち弱めに感じるものの十分な風量があり、「中」以上になると部屋の隅にいても十分感じられる。羽根は一般的なリビング扇風機と同じ30cmサイズ・5枚羽根で、風が広範囲に当たる。



※リズム風は割愛

■首振り



左右の首振り:各約40度。ほんの少し"カクっ"としたような動きあり。




壁掛け扇風機 角度

上下の首振り:4段階(5かも)、かなり動きが硬く調節が大変。一番下で約35度〜40度。

■記憶
メモリー機能搭載、コンセントを差した状態であれば次回も同じ動作。
タイマーだけは再設定が必要。

■タイマー
入り・切りともに1、2、4、6時間。
両方同時に設定が出来ない、時間が中途半端。切り忘れ防止タイマーで8時間無操作の場合は自動的にオフ。

■操作/表示

YWX-BGD30 リモコン

リモコンで首振り含むすべての操作が可能。
リモコンホルダー付き。




また本体ボタンは操作しやすいように一列に並んでおり、リモコンが無い場合でも安心。(手が届けば・・・)




表示パネルは、下から見上げた時に見やすい角度になっている。


電気代は約半分!静音モードは、まさに"そよかぜ"


■電気代はACモーターの約半分またはそれ以下
従来のACモーター搭載の壁掛け扇風機の消費電力は、約40W前後。
対してDCモーター搭載の「YWX-BGD30(YWX-BGD301)」は半分の20Wです。これらは最大消費電力であり、風量によってはさらに低くなると思われます。

そんなん言われたら、めっちゃ得した気分になるやん?

たとえば1日8時間・30日間使用した場合の電気代はこんな感じ↓

ACモーター:0.040kWh(消費電力) x 8時間(1日) x 27円(1kWhあたり) x 30日=259.2円
DCモーター:0.020kWh(消費電力) x 8時間(1日) x 27円(1kWhあたり) x 30日=129.6円

月にしたら約130円の違い。
風量により消費電力が変動したとしても、冬の暖房費に比べたら微々たるもんです。また販売価格が倍以上違うため、節約重視で選ぼうとすると後悔すると思います。

※エコを否定しているわけではりません

■静かなのは「弱風」まで
YWX-BGD30(YWX-BGD301)の風量は、静音・弱・中・強・ターボの5段階。
「静音モード」はまさに微風(そよかぜ)!といった感じで、動作音も風切り音も無くとても静かです(最小約25db)。しかし「弱風」からは、それなりに音がします。

台所に設置したテクノスのAC壁掛け扇風機「KI-W279R」と比較しても、少し小さいかな程度。

さらに心地よい風や静音を生み出すには、"羽根"が重要なようです。
高級DCリビング扇風機では、7枚・8枚羽根や構造が特殊だったりします。壁掛け扇風機にもこれらが採用されれば無敵間違いないでしょう。

知らんけど。


まとめ


壁掛け扇風機 DC

メリット:微風が出せる「静音モード」、省電力、コンパクト&スタイリッシュ
デメリット:値段が高い、DCモーターの恩恵を感じづらい、コードが短い

山善のDCモーター搭載壁掛け扇風機「YWX-BGD30(YWX-BGD301)」は、8000円前後で売られています。
同じ山善でもACモーターであれば4000円台後半、テクノスとなれば3000円台後半、それを思えば正直高いです。羽根の枚数を増やしたり、首振りにさらに動きを付けるなどすれば、少し高くても買ってよかったと思えるのではないでしょうか。

とは言え「微風」は超気持ちいい!めっさ静か!
静かに眠りたい寝室や赤ちゃんがいる家庭、エアコンとの併用、そういった環境にオススメします。



壁掛け扇風機は、部屋を広く使えたり子供やペットがいても安心。
しかし取り付ける場所が限定的であったり、柱や壁に穴を開けることにもなるので、よく考えてから購入しましょう。

コメント
コメントする








   

スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2017/7/21〜7/31)
  • 7月の出来事一覧はこちら
  • 7/21 訃報 作曲家 平尾昌晃さん
  • 7/22 平成23年紀伊半島大水害 遺体発見
  • 7/23 大相撲名古屋場所 横綱白鵬優勝
  • 7/24 マダニ感染ネコからSFTSで死亡 世界初
  • 7/26 関空-神戸空 高速船「ベイ・シャトル」衝突
  • 7/27 今井絵理子議員・橋本健市議 不倫報道
  • 7/28 稲田朋美防衛相 辞任
  • 7/29 温泉と遊園地「湯〜園地」開園
  • 7/30 ホリエモンロケット打ち上げ失敗
  • 7/31 森友学園 籠池夫妻逮捕

ページ先頭へ戻る