出来事(ニュース・時事)おまとめ

2018/4/12 2018年(平成30年)1月〜3月分を更新しました

はじめに

1年365日、時間にして8760時間、世界中で起こる様々な出来事(時事・ニュース)。
残虐な事件、痛ましい事故、自然災害、政治問題、芸能・スポーツ...その量は、膨大です。当ブログでは、2011年より適当に集めたニュースをまとめています。


コンセプトは、「うちはうち、よそはよそ」です。


すでに似たようなサイトが数多く存在し、どれも素晴らしいものばかり。
後発の私は、それらを真似るのではなく、ただただ適当に集めて載せていくスタイルで頑張ります。


日本・世界の出来事 各年・各月一覧

(2013年より)3か月分を1セットにして掲載しています。
上半期・下半期と分けていますが、2012年の名残が残ってしまっただけで、まったく意味はありません。消したい・・・


ジャンル(分類)分けもしています。
基本は、「国内」「海外」「事故」「事件」「災害」「経済」「政治」「科学」「芸能(エンタメ)」「スポ(スポーツ)」「結婚」「訃報」「珍事」「宣伝」の14ジャンル。その他、内容によって増えることもあります。また、より詳しく伝えるために"続報"や"注釈"をプラス!したりしなかったり、ラジバンダリ。


たとえば、「報道(発覚)した日」と「実際に起きた日」がズレている事があります。
このような場合、日付が近ければ後者、遠ければ前者の日付で記載しています。とは言いつつも気まぐれな部分もあるので、参考程度にしてください。


それでは、以下よりお楽しみください。


西暦(年号) 上半期 下半期
2018年(平成30年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2017年(平成29年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2016年(平成28年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2015年(平成27年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2014年(平成26年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2013年(平成25年) 1月〜3月 4月〜6月 7月〜9月 10月〜12月
2012年(平成24年) 1月〜6月 7月〜12月
2011年(平成23年) 1月〜12月

※免責事項※

「買い物恐怖症」に電子マネーで立ち向かう男のお話

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | trackbacks(0) | 2018.05.12 Saturday 14:37 |
[admin]


大きな声では言えませんが、人間が怖いんです。(虫はもっと怖い)

いわゆる『対人恐怖症』だと思います。
病院に行くのが怖くて医師の診断は受けていませんが・・・幼少期からの人見知りが、年を重ねるにつれて酷くなってる感じでしょうか。

その中でも今回は、『買い物恐怖症』の改善に向けた取り組みについてお話します。

スポンサーリンク

まず「対人恐怖症」について


「対人恐怖症」という言葉は、何となく聞いたことがあると思います。
この言葉の中には様々な症状が含まれており、これから話す「買い物恐怖症」もその一部です。

  • 電話(インターフォン含む)
  • 乗り物(電車、バス)
  • 人混み
  • 接客(買い物、美容室など)
  • トイレ(後や横に人がいる)
  • 食事(カウンター席、店員が近い)

たとえば私の場合、こんな場面で『不安』『恐怖』を感じます。
家から一歩も出られないわけではなく、誰かと接する時は常にネガティブな考えばかりが頭の中を埋め尽くす状況です。

関西人に生まれたら自動的にポジティブにならへんの?(´;ω;`)


私の「買い物恐怖症」事例


買うものが無ければお店に入れない
お客さんの少ないところ、店員さんの目が届きやすい・声をかけられやすいところは入れません。

並ぶ商品を見ているだけで肩こり、頭痛
買うものを決めていても探し出すまでに時間がかかり、極度の肩こりから頭痛に移行します。
すぐに店員さんに聞けばいいのに・・・

レジに並ぶだけで緊張、心臓バクバク
とにかく落ち着きがなくなります。
早くこの時間が過ぎ去ってほしいと願うばかりです。

受け答えで"どもる"
吃音(=どもり)のため、同じ言葉を何度か繰り返してしまうこともしばしば。
落ち着いて話せば問題ないものの落ち着けないのです・・・

お金(特に小銭)を出すのが遅い
これはトロいだけかな・・・
急いで出そうとするのですが、気持ちと行動が一致しません。

手汗が酷くお釣りの受取に躊躇する
お釣りを丁寧に渡してくる店員さんには、本当に申し訳ないです。
少し上から落としてくれると有難いのですが・・・


買い物だけを例に抜き出すとこんな感じ。
厳密には、誰かと接する場面、『会計』が伴う場面では同じ状況になります。その場から少しでも早く離れたい、一人になりたい、頭の中はそれで一杯です。


「電子マネー」で脱買い物恐怖症


今自分に出来ることは何なのか。
せめて会計時の不安を少しでも和らげる方法がないものかと探していくと、あるものを見つけました。

それが、「電子マネー」

会計がスムーズになる、店員さんを不快にさせなくて大丈夫になるなどメリットしかありません。
クレジットカードもありますが、少額な買い物で使うのには勇気がいります。

もっと早く気付けば良かった・・・

数多く存在する電子マネーの中で、楽天カードを持っている・使えるお店が多い・自宅でチャージが出来るという理由で『楽天Edy』を選択しました。


楽天Edyの入手とチャージ




楽天Edyが無ければ始まりません。
楽天カード(クレジットカード)の更新を狙って楽天Edyを付帯しました。何てことないです、マークが増えただけです(汗。

続いてチャージに必要なものを揃えます。



[用意するもの]
  • 楽天Edyリーダー(パソリも可)
  • PC(Windows7以上、Mac非対応)
  • ブラウザ(Internet Explorer)
  • NFCポートソフトウェア(要ダウンロード)

自宅チャージに必要な「楽天Edyリーダー」は、メール便送料込みで1852円というボッタクリ価格で売られています。しかも説明書は古く使い物にならないようです。天才ハッカーの私が、最速約5分で設定完了できるページを見つけました。

https://edy.rakuten.co.jp/edyviewer/help/

とりあえずクレジットカードから2000円をチャージ。
楽天スーパーポイント1000ポイント分を楽天Edyに交換したので、合計で3000円入ってます。当面は、これだけあれば大丈夫でしょう。




シャリ〜ン♪お会計206円(税込み)です




セブンイレブンで挑戦してきました。
商品を選ぶ→レジに行く→楽天Edyでお願いします→シャリ〜ン♪→商品を受け取る、という流れです。

MINTIAをサクッと掴んでレジへ。

楽天の『ら』を何度か繰り返してしまいましたが、後はスムーズに行えました。
小銭を探して渡してお釣りを受け取って・・・という流れを無くせただけでも気持ちが落ち着きます。

MINTIAだけでごめんなさい。


まとめ -根本的な解決にはならない-




電子マネーのおかげで買い物の恐怖に立ち向かえそうな気がしてきました。
でも対人への恐怖を取り除くのは、簡単ではないです。楽なほう、楽なほうへと進んでいくだけかもしれません。少しでも前に進んでいけると信じ、電子マネーと共に歩んでいきたいと思います。

誰か助けてください。

スポンサーリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2017/5/11〜5/20)
  • 5月の出来事一覧はこちら
  • 5/12 「WannaCry」大規模ランサムウェア攻撃
  • 5/14 北朝鮮ミサイル発射、大気圏再突入成功
  • 5/15 陸自「連絡偵察機LR2」消息不明
  • 5/16 眞子さま、ご婚約準備報道
  • 5/17 関電 高浜原発4号機再稼働
  • 5/19 訃報 広島原爆第一報 岡ヨシエさん

ページ先頭へ戻る