どこで亡くなっても同じだというけれど、現実はそう甘くなかった。

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | 2013.03.25 Monday 14:44 |
[admin]
先日テレビで「国際霊柩送還士」なるものが特集されていたので、つい見入ってしまいました。

人間いつかは死ぬわけで、それが病院なのか、自宅なのか、外なのか、海外なのか、予想もつかないです。私の父は病院で亡くなり、その日のうちに葬儀社に頼んで病院から自宅まで父の亡骸を運んでもらいました。さすがプロという身のこなしで、最後の最後まで父を大切に扱っていただきました。

日本国内であればお金をあまりかけないとしても、最低限はご遺体を腐らせないためのドライアイスを用意して、火葬までの間、状態を維持してくれると思います。それが海外で亡くなったとなると、そうもいかないんだなとテレビを見て感じました。

その国または宗教によって、ご遺体をどのように扱うのかがバラバラなんですね・・・

今の今まで、海外で亡くなったら日本と同じように大切に扱われ、飛行機に乗って帰ってくるものだと思ってました。でも現実は、腐敗処理がされていなかったり、悪い状態で棺桶に入れられてることが多いらしいです。テレビで見た「国際霊柩送還士」の方は、内心はどうであれ、ご遺体の状態を生きていた時と同じ状態にまで綺麗にするという、熱い思いがヒシヒシと伝わってきました。

海外で亡くなる日本人は年間約400〜600人だとか・・・

海外旅行や海外で働くて人が増えるとともに、亡くなる人も増えていってる現状。今年は特に、ニュースになる事故や事件で亡くなる日本人が多いように思えます。もし海外で亡くなったら、まず自分がどう扱われるかを意識するのも大切かもしれません。「亡くなったらモノ扱いで良い」という考えなら意識する必要もないですが、残された家族のことを思うなら、少しは意識してもいいのでは?

私は、焼かれるその時までは綺麗な顔をしていたいものです、まあ顔はブサイクですけど。

日本ほど、亡くなった人へ敬意を払う国はないかも。(勝手な想像ですが)
本木雅弘さんが主演した「おくりびと」と同様に、内心は置いといて、最後の最後までご遺体に対して最高の仕事をするプロフェッショナルがいることで、多くの遺族が救われていることに感謝したいですね。

葬式代だけは納得できませんけどね。

1年以上苦しめられた股関節の傷みが、あっさり消えたなう。

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | 2013.03.13 Wednesday 01:27 |
[admin]
股関節に微妙な傷みが出てきて約1年。
男性は股関節が弱くなると聞いたことがありましたが、まさか私もそうなるとは思ってもいませんでした。日常生活には不自由しないのでそのままにしていましたが、最近は真っ直ぐ立っていても右足に体重が掛かってるような感覚まで出てきて、さすがに「やばいかも・・・」と感じていました。

詳しく書くと、左足の太ももの付け根辺りに痛みがある状態です。

歩くだけでも、左足に体重をかけても、胡坐をかいても正座しても、そこに痛みが出るんですよねー。さっさと病院に行けば良かったんですが、歩けない状態ではなかったので放置してました。そしたら、今度は右足に体重がかかりだし、左足に体重がかかってる感じがしなくなったんです。股関節の柔軟をしたりして、何とか痛みや違和感を無くそうと自分なりに努力してましたが、それも効果なし。自分で治すのを諦めて病院に行こうと思ってた矢先・・・

「ポキッ!」・・・・んっ!?

自棄になって左足を前に蹴り出したら、股関節から変な音がw
すると、右足に体重がかかっていた感じが消え、そのあとに股関節の傷みが消えていることに気づきました。揉んだり延ばしたり叩いたり踊ったり、色々やっても効果なかったのに、たった1度のキックで痛みと違和感が無くなりました。

ミラクルや・・・

また再発する可能性があるので安心はしてません。
傷みが無くなった原因は分かりませんが、何かがズレていたのが、キックの拍子にハマったのかもしれません。ただ、傷みが無いことがこんなにも嬉しいものなのかと、少しだけ幸せを感じています。

股関節の激痛を自力で治す本 (股関節痛に劇的効果を表す最新ベスト療法を一挙紹介! )股関節の激痛を自力で治す本 (股関節痛に劇的効果を表す最新ベスト療法を一挙紹介! )

股関節の痛みは治る! 股関節の痛み―変形性股関節症の治療がよくわかる (別冊NHKきょうの健康) 股関節痛は怖くない! ( ワニプラス ) 股関節痛を自分で治す本 (ビタミン文庫) [図解]ひざ痛・股関節痛は自分で治せる (手術を回避! 杖が不要に! 正座ができた!)

by G-Tools


でも、自分で治すことは危険だったりもするので、体に何か違和感があったら病院に行くことをお勧めします。股関節は特に男性にとって大切な場所なので・・・

Googleさんからアクセス激減、その理由は・・・CMのあとで。

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | 2013.03.07 Thursday 12:33 |
[admin]
Googleさんは時々、「パンダアップデート」なるものを行い、"ふるい"をかけて優良コンテンツが検索されやすいようにするそうです。私のブログも例外ではなく、幾度となくパンダアップデートの荒波を潜り抜けてきたわけですが、お借りしているブログサービス『Jugem』さんのおかげなのか、比較的検索上位に表示されていました。ですが昨年11月?辺りから、目に見えてアクセスが激減してしまったのです( ; ゚Д゚)

なんかしちゃいましたかね、私・・・

ブログのデザインをコロコロ変えていたのが原因か、アフィリエイトか、はたまた内容が無いよう〜ということなのか。もしかしたら関西弁が駄目なのかもヽ(;´Д`)ノ 厳しいっすよGoogleさん・・・

これも同時期からだと思いますが、Googleブログ検索に載せたいがためにPINGを飛ばしても、受け取るのに表示されないんですよねー。以前ならすぐに反映されて、ブログ検索だけではなく普通の検索でも超速でヒットしてたんですが・・・

Googleのボットさんも最近見かけなくなったし、「おまんのブログは許さんぜよ」ということでしょうか。



一度嫌われてしまうと好きになってもらうのにも時間がかかるみたいなので、諦めて停滞期をエンジョイするしかないですね。人間だけじゃないですが、一度味を占めてしまうと、そればかり求めてしまうのも難儀なものです。

アクセス激減の原因の理由は、ただ単に面白くないブログと判断されたんでしょう(;・∀・)

追記↓(3/20)

Googleの「セーフ ブラウジング」なるものを見つけ、このブログがどのように見られているのかチェックしてみました。調べるには『http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=(ここにURL)』ってな感じで。



songbird.jugem.cc の現在の状況

現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。

Google がこのサイトを巡回したときの状況

Google は過去 90 日の間、このサイトを巡回していません。

不正なソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか

過去 90 日間に songbird.jugem.cc が他サイトへの感染媒体となっていた形跡はありません。

サイトで不正なソフトウェアをホストしていたかどうか

いいえ、このサイトでは過去 90 日間に不正なソフトウェアのホスティングは検出されていません


『Google は過去 90 日の間、このサイトを巡回していません。』

↑これが原因ですよね、どうみても( ; ゚Д゚)
もしペナルティがあるならウェブマスターツールに表示されてるはずですが、それもないってことは、ペナルティではなく自然に下がってるということでしょうか・・・90日もgoogleさんに来てもらってない状況だと、嫌われているのと同じですけどね。

はぁ・・・

『ごはんがススムくん』と「ご飯がススム 甘っ辛っうまっ!!なキムチ」の『ススムくん』は、別人だという驚愕の事実を今更知る。

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | 2013.03.06 Wednesday 17:56 |
[admin]


「へぇ〜、ご飯がススムくんにキムチも出たんやー。しかもイケメンにやってるやん!」って思ってたら、まったく関係無かったw 初代?『ごはんがススムくん』は味の素で、このキムチの『ススムくん』は、ピックルスコーポレーションという会社らしいです。

え?既出ですか?まじですか・・・

厳密には、味の素は『ごはんがススムくん』までがキャラクター名に対して、こちらは『ススムくん』がキャラクター名で、商品名が「ご飯がススム 甘っ辛っうまっ!!なキムチ」という、なんとも微妙な表現になっています。初代が1998年ということにも驚きですが、すでに同商品が製造されてなかったことを、このキムチのおかげで知ることが出来ました。

味の素 −ごはんがススムくん-


ピックルス -ご飯がススム テーマソング-


お味は子供向けな感じですね。
甘みが強くて最後に少しだけ辛さが残る感じで、あまり辛いのが苦手な人には食べやすいと思います。めったにキムチなんて買いませんが、たまに食べるとおいしいです。もちろん国産しか食べません。

キムチつながりで、昨日はWBC第一ラウンドで韓国が負けてしまうという、まさかの展開になってしまいましたね。侍ジャパンにはぜひとも3連覇を目指してほしいですが、参加するかしないかで揉めたニュースを見た今となっては、WBCなんてやらないほうがマシだと感じてます。結局はアメリカ様の言いなりなんて、何が面白いんだか・・・

っと言いながら、試合結果はチェックしておりますw

なんだかんだで、キムチはおいしいと思いますし、ご飯とキムチでハフハフ言いながら食べると最高です。お隣とは一生分かり合えることはありませんが、キムチとは分かり合えます。たぶん。

思い出せないもどかしさ・・・邦画orドラマ、オムニバス、ホラー、赤いワンピース、実は死んでた等々。

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | 2013.03.01 Friday 11:54 |
[admin]
たまに思い出すと「ぬうぉぉぉぉ!」ってなります。
今から10年以上前、深夜テレビを付けていたらホラーっぽい映画、またはドラマがやっていました。今では記憶が薄れているので、検索にかけても全然ヒットしないんですよね・・・とりあえず覚えていることを書き出しておきます。

[こんな映画orドラマ]

・タイトルが「死国」とか「死季」みたいな感じ(検索でヒットするも違った)
・赤いワンピースに白い帽子をかぶった?女性が池のほとりに立っている
・3本または4本のオムニバス形式で、話が始まる前にこの女性が現れる
・現れるたびに移動していたような気がする
・赤いワンピース以外は白黒だったような気がする

・ある一つの話で、男性と女性が文通かメールで知り合う
・女性が男性に会いに行く
・デートっぽいことをする
・喫茶店みたいなところで喧嘩する
・翌日会う予定が男性が来ない
・男性の自宅に行くと、実はかなり前に死んでた

別の話と混ざってるかもしれませんが、こんな感じだったんですよねー(;・∀・)
その他の話が一切思い出せないので、調べる術もないという状況です。結構有名な方が出ていたような気がするんですが、その方の顔も名前も出てこない・・・でも「出ていた」というモヤモヤした記憶だけが残ってる感じです。映画やドラマに限らず、忘れたころに思い出して発狂したくなることがあります。

15年以上前、土曜日か日曜日の朝に海外のドキュメンタリーっぽいやつ、今で言うと「世界遺産」的な内容の番組があって、そこで流れるオーケストラによる演奏の曲が凄く印象的で、今でもメロディが流れます。調べてみて、その時に有名っぽい番組の曲をyoutubeで聞いてみたんですが、違うんですよねー。内容は記憶違いかもしれません。

チャーチャーーーー チャーチャ チャーチャーーーー って感じのw
→→→→↑↑↑↑↑ →→ →  ↑↑↑→→→→→→ 

始まりはクリスタルキング「大都会」の『あーあー!』的なニュアンスでw

数年前にもテレビで一瞬流れたことがあって、その時に曲名が表示されてたんですが、気づいた時には消えてました。あーモヤモヤするヽ(;´Д`)ノ

人の名前は覚えられないし、漢字は忘れたし、字は汚いし、もう駄目や・・・

雪が降っとる・・・ほんで、積もってまんねん。

カテゴリ:のほほん日記 | comments(0) | 2013.01.27 Sunday 21:50 |
[admin]


今日はやけに家の中が暖かいなと思ったら、一面雪景色でんがなまんがな(;・∀・)
写真は人様のお屋根です。



うちの屋根にも刻々と積もってきてます。

雪が降ると意外と暖かいんですよねー。
理由は分かりませんが、いつもならブルブル震えてる私が、ストーブも付けずに着る毛布でしのげてます。我慢してるだけかもしれませんけどwお風呂だけが憂鬱だ・・・

明日は月曜日、都心でも積雪が予想されてますが、まじで早起きしないとヤバイですよ!

追記↓



ほんで、朝起きて庭を見たらこんな感じに。
思ったほど降らなくて良かった・・・


スポンサーリンク
アーカイブ
ブログ内検索

プロフィール / ツイート
名前:そんぐばーど
コテコテの兵庫県民をしております。More...
RSS / twitter:@songbird_orz

1年前の出来事(2018/6/18〜30)
  • 6月の出来事一覧はこちら
  • 6/18 大阪府北部地震
  • 6/19 藤枝 18才少年小4男児襲撃事件
  • 6/20 堺 実弟練炭自殺偽装事件
  • 6/22 女優 松居一代さん書類送検
  • 6/23 タイ 洞窟遭難事故
  • 6/24 サウジアラビア 女性の車運転解禁
  • 6/25 福岡 ITセミナー講師殺傷事件
  • 6/26 富山 奥田交番拳銃強奪事件
  • 6/27 はやぶさ2 小惑星『リュウグウ』到着
  • 6/28 働き方改革関連法 成立
  • 6/29 クレしん声優 矢島晶子さん卒業
  • 6/30 潜伏キリシタン 世界遺産登録決定

ページ先頭へ戻る